楽園企業は「改善提案」だけで25万円もくれる

中身は不問!さらに「高額報奨金」も!

さっそく、同社の社内提案制度の中身を紹介していこう。

年間200件の提案で、なんと総額25万円!

1 1件提案するごとに500円もらえる

未来工業が社内提案制度を導入したのは、1977年だ。社内提案制度で有名な「元祖トヨタ」が報奨金1件10円程度の時代に、未来工業は1件提案するごとに、なんと500円。その金額の高さから、当時は「破格の報奨金」と話題を集めた。

2 どんな提案でも1件500円がもらえる

どんな提案でも構わない。「とにかく1件出すごとに500円もらえる」というのも大きな特徴だ。その前提がなければ、「名札付き蛍光灯スイッチ」なんてアイデアは、きっと誰も出さなかったはずだ。

3 毎月1件ずつ10カ月連続で出せば、5000円相当の賞品がもらえる

毎月1件ずつ10カ月連続で出せば、5000円相当の賞品がもらえる「コンスタント賞」も設定されている。

どんな提案でも毎月1件ずつ1年間出せば、仮に実現しなくても、6000円(=月500円×12カ月)に5000円相当の賞品がコンスタント賞としてもらえ、実質年間1万1000円。社員にはうれしい“お小遣い”になるはずだ。

4 提案が採用されたら、最高3万円の報奨金が別にもらえる

とにかく提案を出すだけでおカネがもらえるが、もし自分の提案が採用され、なおかつ高く評価されれば、最高3万円の報奨金が別に加算される。

先の「電話当番と連動した業務ローテーション表」の提案者にも、その報奨金が支払われた。こんな気前の良さなら、むしろヤル気にならないほうが難しいのではないか。

5 年間200件出せば、15万円の報奨金も別途支給、総額25万円に

これだけでも十分太っ腹だが、年間200件の提案を出せば、なんと「15万円の報奨金」が別途支払われる。仮に提案が1件も採用されなくても、年200件出せば、総額25万円(500円×200件=10万円に報奨金15万円)が、給与やボーナスとは別にもらえる。実際、25万円をごっそり手にするツワモノ社員も登場した。

しかも未来工業は、そもそも年休140日以上で驚きの高年収だ。それに、5年に一度は会社負担の「超豪華社員旅行」まである。

いったい、未来工業はなぜここまで太っ腹の「社内提案制度」を用意しているのか。そこには、社員のヤル気を引き出す数々の「山田マジック」が仕掛けられている。

次ページ社員に「モチ」をあげるから「モチベーション」が生まれる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。