ぐっちーさん「英国はEU離脱で没落しません」

非EUのスイスやノルウェーは没落したのか

その中で既に製造業がその役割を終え、新しい産業革命とでもいうべきイノベーションをもって米国をはじめ、日本、その他の欧州諸国を追いかけねばならないときに、いちいちEUにその決定を仰いでいれば迅速な決断は不可能で(ご存知の通りそのEUの決定は何事につけ官僚的で極めて遅い)、競争に遅れるばかり、という恐れは十分あります。 

さらに言えば、EU離脱がそんなに一大事であるなら、ではEUにもユーロにも参加していないスイスやノルウェーはどうなっていますか? 参加しなかったために経済的に没落し、「北欧のギリシア」になってしまっているのでしょうか?

もちろん違いますね。むしろ欧州の中で問題を抱えているのは移民問題も含めさまざまな問題に直面するEU参加国そのものであって、非参加国+自国通貨保有国は悠々と経済成長を続けているではありませんか?EU不参加によりスイスの金融におけるポジションは没落しましたか?そんなことはない訳でありまして、EUから離脱しただけでイギリスが没落する、というのはナンセンスであります。

高齢者の独善でも、名誉ある孤立でもない

2)今回離脱に投票したのは高齢者が多く、彼らは若者の未来を奪ってしまった。

 

という話も良く出てくるようですが、これも本当でしょうか? むしろ彼ら、若い世代は本当の意味でEUのデメリットを経験していません。これから持つであろう自分たちの子供が病気になった時に多くの移民が殺到する病院で5時間も待たされて、なかなか診てもらえない、という現在の事態に直面し、それでもEUに参加することがメリットなのだ、と主張し続けられるという保証はありません。

むしろ1975年以来、仕事でも生活でも肌身をもって何が起きたかを体験してきた先人のアドバイスは貴重である可能性もあるのです。これはまさに日本でよく言う、「困ったときは村の長老に聞け」、という話でありまして、現時点での即断はできないでしょう。

次ページ名誉ある孤立を選んだ?とんでもない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。