「円高上等、円安もなお結構」の精神でいこう

「円高恐怖症」が円高を招く一因になっている

ブレグジットを受けて円高か円安か、大きく振れるかもしれない(写真:アフロ)

世紀の瞬間である。6月23日、EU離脱の是非を問う英国の国民投票は、現地時間の午前7時から始まり、午後10時に終了する。即座に開票作業が始まり、結果が出るのは24日(金)の未明になる見込みである。

これを日本時間に直せば、ちょうど23日午後3時に投票が始まり、翌24日午前6時に投票が締め切られ、昼頃に大勢判明ということになる。出口調査は行われないらしい。ゆえにブレグジットのありやなしや、という結果を最初に試すのは、われらが東京株式市場ということになる。ああ、なんと名誉なこと。でも、率直に言えば運が悪いよね。

リスクオフかリスクオンか

この連載の記事はこちら

そもそもユーロ離脱をめぐる国民投票が、なぜ木曜日でなければならないのかがわからない。責任者出てこい、と言いたいところだが、仕方がないから重大決定を明日に控えてこの原稿を書いている。ブレグジットの是非については、いまさらここで論じても間に合わない。問題なのは、この手の事件があるたびに生じる「円高懸念」についてである。

前回、山崎元さんが「このままだと1ドル90円台も」と評していた。確かにブレグジットが起きてしまえば、1ドル100円割れでも不思議はなさそうだ。問題は、なぜそういうメカニズムが働くのか、である。

よくテレビなどで、「リスクオフで安全資産である円が買われて……」という説明が流れる。あれを聞くたびに、「円が安全だなんて、ホントかよ」と首をかしげている人は少なくないだろう。ただし今回の場合、資産の多くをポンドやユーロで保有している人にとって、ブレグジットは気が気ではない事態であるはずだ。そこで国民投票で「離脱」の動きが強まると、資産の一部を円に替えようとする動きが生じる。これは致し方ないところである。

むしろこんな風に説明する方が、より納得感があるかもしれない。

低利の円を調達して、新興国の高利回り資産などに投資していた投資家が、「こりゃいかん」とばかりに取引を解消する。そこで巻き戻しの円買いが起きるから「リスクオフの円高」になる。

次ページ米国の利上げは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT