アコーディアが「統合検討」の要請にYES

TOB攻防終盤でレノに回答

ゴルフ場運営2位のPGMホールディングスが仕掛けた敵対的TOB(株式公開買い付け)に防戦中の同首位、アコーディア・ゴルフ。

その大株主に突如浮上した投資会社のレノ(東京都港区)が鎌田隆介・アコーディア社長に突き付けていた“公開質問状"での要請に対し、アコーディア側は1月16日“YES"と受け取れる回答を発表した。

1月17日までのTOB期限を目前にしたところでの動きだけに、アコーディアの株を保有割合で2割近くも持つに至ったレノがこの回答をどう評価するか。それしだいで、TOBの行方にも大きな影響を与える可能性が出てきた。

旧村上ファンドの流れくむレノ、保有割合18%に

レノは、1月8日付の東洋経済オンラインでも報じたように、その役員の多くは旧「村上ファンド」関係者。「取材にはいっさいお答えできない」(レノ)との立場を貫いているために、同ファンドをかつて率いた村上世彰氏との関係などは不明。が、過去1年ほどの間に、セブンシーズホールディングス、MCJ、JVCケンウッド、SBIホールディングスなどの大株主に次々と浮上し、市場関係者の注目を集めていた。

次ページTOBに応ずるか否かは…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。