アコーディアが「統合検討」の要請にYES

TOB攻防終盤でレノに回答

ゴルフ場運営2位のPGMホールディングスが仕掛けた敵対的TOB(株式公開買い付け)に防戦中の同首位、アコーディア・ゴルフ。

その大株主に突如浮上した投資会社のレノ(東京都港区)が鎌田隆介・アコーディア社長に突き付けていた“公開質問状"での要請に対し、アコーディア側は1月16日“YES"と受け取れる回答を発表した。

1月17日までのTOB期限を目前にしたところでの動きだけに、アコーディアの株を保有割合で2割近くも持つに至ったレノがこの回答をどう評価するか。それしだいで、TOBの行方にも大きな影響を与える可能性が出てきた。

旧村上ファンドの流れくむレノ、保有割合18%に

レノは、1月8日付の東洋経済オンラインでも報じたように、その役員の多くは旧「村上ファンド」関係者。「取材にはいっさいお答えできない」(レノ)との立場を貫いているために、同ファンドをかつて率いた村上世彰氏との関係などは不明。が、過去1年ほどの間に、セブンシーズホールディングス、MCJ、JVCケンウッド、SBIホールディングスなどの大株主に次々と浮上し、市場関係者の注目を集めていた。

次ページTOBに応ずるか否かは…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。