思考のスピードが速い人は「型」で考えている

思いつきで「もぐら叩き」するのは時間のロス

3つ目は、「WHYを5回」。超有名で知っている人が多いにもかかわらず、実際に使っている人が少ないフレームワークです。

根本原因に対してアクションを打つ

画像をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

ほとんどの人が、目に見えている表層的な事象に対して、 Why、Why、Whyと深掘りをせずに表層的なアクションを決めてしまっています。

たとえば「コストを削減せよ」と言われたときに「オフィスの電気を節電する」とすぐに言ってしまうのがこのパターンです。たいてい目に見えている事象は表層レベルのことです。

その段階でアクションを決めてしまっては、表層部分のアクションにしかなりません。深層にまでたどり着いたアクションこそが、最大の成果をもたらします。

たとえば、体に発疹が出たときに深く考えずに塗り薬を塗るのではなく、根本原因を探していくのです。アレルギーが原因で発疹が出ることもありますし、ストレスによって発疹が出る場合もあります。

アレルギーが原因といっても、食べ物のアレルギーもあれば、何かを触ったことによるアレルギー反応の場合もあります。ストレスも、仕事のストレスやプライベートのストレスがあります。

Why、Why、Whyと繰り返して問題を深掘りしていくのです。そして、そのたどり着いた根本原因に対してアクションを打ってこそいい仕事となるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT