50歳、無職、アフロ女子の「おカネがない快感」

稲垣えみ子・セドラチェク ミニマリスト対談

セドラチェク:『指輪物語』のようなホビット(小柄な妖精)の世界です。ちなみに『指輪物語』には、「おカネ」が出てきません。売ったり買ったり、という場面がないんです。大切なものは、贈られるか、見つかるか、盗むんです。

稲垣:盗むんだ!(笑) ところでチェコの方は皆、セドラチェクさんみたいに質素なんですか? 日本に来られたときに、とても荷物が少なかったと聞きましたが。

セドラチェク:冒険的でないのは確かです。チェコ人はとにかくユーモアが好きですね。私はよく自虐的なことを言ったりします。

稲垣:自分を笑うと。

セドラチェク:自分を笑うのは当然で、自分の愛するものすべてを笑いにします。外国の方から、よく、「社会主義時代のチェコは暗かった」と言われるのですが、そんなことはないんです。

たとえば家では、米国とかヨーロッパのラジオなんかを密かに聞いていて、学校で言われることと、うちで話していることは違うというのはわかっていました。で、自分が偽善者にならないために、笑いでもってそれを乗り越える。

稲垣:やっぱり、おカネだけじゃないんだ! 笑いがパワーになる、ということですよね。

ヒトラーはチェコ人を「笑える野獣」と呼んだ

セドラチェク:チェコはヨーロッパのど真ん中にあって、右にロシア、左にドイツがあるのですが、1621年以降、自ら戦争を起こしたことがないんです。第2次大戦中はドイツに占領されてしまうのですが、それでも笑う。それでヒトラーはチェコ人のことを、「笑える野獣」と呼んだ。

稲垣:それは最大級の賛辞ですね。

セドラチェク:笑いは、「静かなる抵抗」という意味もあって、武力で全面戦争してもしょうがないと。

稲垣:面白いですね。多くの人は、おカネがパワーだと思っていますけど、今のお話は、笑いをパワーにするということですね。そういうパワーがたくさんあると、世の中が、経済がもっと自由というか、豊かになる気がしました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。