イギリス離脱決定で深まる「EU崩壊」の危機

EU主要国に「離脱の連鎖」が広がる懸念

英国のEU離脱が決定。勝利宣言をする英国独立党のファラージ党首(Press Association/アフロ)

世界が注目していた英国民投票の大勢が判明、英国のEU(欧州連合)離脱が濃厚となった。

英国民の反EU感情は予想以上に強かった 

この緊急特集の一覧はこちら

「EUが国家を超えた国家としてイギリスに君臨するのを許すな」「EU残留を可決することは、EU官僚に対し無条件降伏を表明するのと同じ」など、離脱派は最後まで激しい言葉でEUを非難していた。その言葉が、英国民の心に積もった反EU感情をあらわしていた。

キャメロン英首相は、離脱が決定すれば、EUと離脱の条件交渉を進めることになる。難しい交渉が求められる。EUに加盟していたことで得られていた特典がすべてなくなると、英国経済へのダメ-ジはきわめて大きくなる。

2年間は特典が維持されるが、その間に離脱後の条件交渉を行うことになる。離脱後の条件が英国にとって有利に決まるように交渉しなければならない。

次ページ次の焦点は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT