12年5月によく読まれた記事は?

年忘れ特別企画 ランキングで振り返る2012年

2012年も残りわずか。シャープやパナソニックの苦境、iPhone5の登場、中国の反日デモ、そして政権交代――。今年もさまざまな出来事がありました。心身ともに気持ちをリフレッシュして新たな年を迎える前に、今年を総括したいものです。そこで、年忘れ特別企画として、今年、「東洋経済オンライン」で読まれた記事を月ごとのランキング形式で紹介しながら、2012年を振り返ってみましょう。5月は、ミクシィの身売り観測や無料通話アプリ、ソーシャルゲーム課金などネット関連企業の話題が相次ぎました。

 

 

2012年4月 東洋経済オンライン アクセスランキング


(タイトル名をクリックすると各記事を読むことができます<東洋経済オンラインサイト上のみ>、カッコ内は配信日)
 
 

1位  業績予想を開示しない会社が激増!?(5月7日)

2位  ルネサスエレクトロニクスに迫る危機(4月23日)

3位  最高幹部2人が離脱、混迷ミクシィの前途(5月29日)

4位  スマホ向け無料通話アプリが爆発的に普及(5月16日)

5位  新宿・三越跡にビックカメラ(5月31日)

6位  グリー、DeNAの苦渋(5月8日)

7位  米で人気のアイスが上陸(5月8日)

8位  タイの自動車生産は今や絶好調(5月25日)

9位  決死のパナソニック、プラズマ脱却で底入れなるか(5月14日)

10位  ついに国有化される東京電力(5月10日)

(撮影:梅谷 秀司)

 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT