12年5月によく読まれた記事は?

年忘れ特別企画 ランキングで振り返る2012年

2012年も残りわずか。シャープやパナソニックの苦境、iPhone5の登場、中国の反日デモ、そして政権交代――。今年もさまざまな出来事がありました。心身ともに気持ちをリフレッシュして新たな年を迎える前に、今年を総括したいものです。そこで、年忘れ特別企画として、今年、「東洋経済オンライン」で読まれた記事を月ごとのランキング形式で紹介しながら、2012年を振り返ってみましょう。5月は、ミクシィの身売り観測や無料通話アプリ、ソーシャルゲーム課金などネット関連企業の話題が相次ぎました。

 

 

2012年4月 東洋経済オンライン アクセスランキング


(タイトル名をクリックすると各記事を読むことができます<東洋経済オンラインサイト上のみ>、カッコ内は配信日)
 
 

1位  業績予想を開示しない会社が激増!?(5月7日)

2位  ルネサスエレクトロニクスに迫る危機(4月23日)

3位  最高幹部2人が離脱、混迷ミクシィの前途(5月29日)

4位  スマホ向け無料通話アプリが爆発的に普及(5月16日)

5位  新宿・三越跡にビックカメラ(5月31日)

6位  グリー、DeNAの苦渋(5月8日)

7位  米で人気のアイスが上陸(5月8日)

8位  タイの自動車生産は今や絶好調(5月25日)

9位  決死のパナソニック、プラズマ脱却で底入れなるか(5月14日)

10位  ついに国有化される東京電力(5月10日)

(撮影:梅谷 秀司)

 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。