ルネサスエレクトロニクスに迫る危機

トヨタ、日立へ出資要請、大連合の成れの果て 

ルネサスエレクトロニクスに迫る危機--トヨタ、日立へ出資要請、大連合の成れの果て 


 「あそこは日立さんがついている会社だからねぇ。ウチは勘弁してくれ、ということですよ」

トヨタ自動車幹部は4月上旬、週刊東洋経済の取材に対し、ルネサスエレクトロニクスへの出資を政府から打診されていることを認め、こう語った。「泳いでいる人を助けるより、(経営破綻して)おぼれている人を助けたほうがねぇ……」。

第二の“日の丸”の危機 飛び交う出資要請

エルピーダメモリの破綻から1カ月半。システムLSIのトップ企業、ルネサスをめぐる動きが緊迫度を増している。赤字体質が定着し、手元資金は急減。財務の悪化ははた目にも明らかで(表、グラフ参照)、業界関係者の一部からは「6月危機説」も飛び出している。


 


 ある政府関係者も「6月はさすがに極端にしても、キャッシュの入りと出のバランスを考えると、年内には行き詰まると考えている。一刻も早く手を打たなければ、間に合わない」と危機感を隠さない。

NECと日立製作所、三菱電機の半導体事業を統合して誕生したルネサスの座組はエルピーダとまったく同じ。経済産業省の後押しがあったという意味でも、もう一つの日の丸半導体メーカーといえる。その危機に、水面下で経産省などが救済スキーム作りに動いている。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。