米で人気のアイスが上陸

難攻不落の日本市場に挑戦

米で人気のアイスが上陸、難攻不落の日本アイス市場に挑戦

世界有数のアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」(B&J)が日本に上陸した。4月14日、東京・表参道に1号店をオープン、2017年までに30~50店舗を出店する計画だ。

B&Jは1978年創業。00年に蘭ユニリーバの傘下に入り、現在では米国中心に世界27カ国に800店以上出店している。日本ではユニリーバ傘下に入る前にカップアイスを販売していたこともある。

同社のアイスは「フェアトレードに準拠した素材やチョコレートの塊がたくさん入っている」(ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング社マネージャーの中川晋太郎氏)など、“リッチさ”が売り。客単価も600円程度と高級路線を狙う。

日本進出の背景にはユニリーバの世界戦略がある。調査会社ユーロモニターによると、世界のアイス市場の規模は688億ドルで、年率10%弱の成長が続いている。このうち、シェア4割弱を最大手のユニリーバと業界2位のスイスのネスレが占めている。

一方、カップアイスを含めた日本の市場規模は10年度4063億円と過去10年間で18%拡大したが、ユニリーバの存在感は薄い。今後、世界でアイス事業を伸ばすうえで、課題となっていたのが日本市場の攻略だった。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT