グリー、DeNAの苦渋

ソーシャルゲーム課金に自主規制

 

 

グリーやディー・エヌ・エー(DeNA)などソーシャルゲーム運営会社が自主規制作りに動き出した。3月に大手6社が連絡協議会を発足。その初会合が4月23日に開かれる。

グリーの2012年6月期営業利益は前期比3倍弱の約900億円(営業利益率は5割超)が見込まれるなど、絶好調なソーシャルゲーム業界。ただ、ビジネスモデルには批判が付きまとう。

ゲームを遊ぶのは無料だが、ゲームを有利に進めるにはアイテムを買う必要がある。しかも、現在の人気ゲームの多くは、「ガチャ」と呼ばれる1回数百円のくじを引き、運がよければ強力なアイテムが手に入る仕組みになっており、ギャンブル性が高い。

加えて、問題視されているのがアイテムをオークションサイトなどで売買するリアル・マネー・トレード(RMT)だ。ゲーム運営会社はRMTを利用規約で禁止しているが、オークションサイトでは公然と行われている。グリーでは今年2月、有料のアイテムを無料で複製できる方法がネット上に流出。一部ユーザーが、複製で増やしたアイテムをオークションで売却し、多額の利益を得たとみられる事態が判明した。

また、「ガチャ」で得たアイテムの換金を容認する行為は賭博と見られかねない。「ゲームの程度によって、射幸性が看過できないほど高いと認められる場合は、今後、刑法の賭博罪や風営法などの適用が検討される可能性がある」(ネットゲームの法規制に詳しい堀天子弁護士)との指摘もある。

連絡協議会を作ることで「極力行政からの規制は受けず、自助努力で問題を解決したい」(グリーの山岸広太郎副社長)との思惑がある。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。