12年3月によく読まれた記事は?

年忘れ特別企画 ランキングで振り返る2012年

2012年も残りわずか。シャープやパナソニックの苦境、iPhone5の登場、中国の反日デモ、そして政権交代――。今年もさまざまな出来事がありました。心身ともに気持ちをリフレッシュして新たな年を迎える前に、今年を総括したいものです。そこで、年忘れ特別企画として、今年、「東洋経済オンライン」で読まれた記事を月ごとのランキング形式で紹介しながら、2012年を振り返ってみましょう。3月はシャープの経営危機が鮮明化しました。

 

2012年3月 東洋経済オンライン アクセスランキング

 

(タイトル名をクリックすると各記事を読むことができます<東洋経済オンラインサイト上のみ>、カッコ内は配信日)

 

1位  鴻海(ホンハイ)・郭台銘会長が語った(3月29日)

2位  米GAPが格安ブランドを日本投入(3月5日)

3位  パルコの"嫁入り"先が見つかってよかった(3月8日)

4位  ソニー「解体」の日(3月6日)

5位  不況下の小売り優等生・アウトレットに異変(3月15日)

6位  大王製紙の内紛劇は第三幕へ(3月21日)

7位  東京電力の抵抗で進まない原発事故賠償(3月6日)

8位  巨額赤字・シャープをどう再建するのか(3月21日)

9位  IT企業が踊り出す"ビッグデータ"狂騒曲(3月1日)

10位  中国テレビ首位のハイセンス(海信)(3月23日)

(撮影:尾形 文繁)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。