前回東京五輪を成功させた池田勇人の信念

真のリーダーシップとは何か

オリンピックが迫るこのタイミングで、日本には将来を見据えて奔走した池田勇人という政治家がいた、ということを改めて伝えたいと思い、この作品を書きました。

2020年に何を生みだせるか

上記をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

――最後の質問です。「少子高齢化と財政難に苦しむ日本で、オリンピックをやる意義があるのか?」「今からでも中止すべき」と主張する有識者も少なくありません。本当に今の日本に、オリンピックは必要なのでしょうか?

たしかに、50年前の東京オリンピックとは時代が違いますが、せっかく開催が決まったオリンピックならば、賢く活用することが大事でしょう。

1964年の大会では、新幹線や首都高速道路に上下水道など、その前には存在しなかったインフラ整備や技術革新が日本経済を飛躍的に発展させ、大きな転換期となりました。

それだけでなく日本人の心に、今なお世界に誇れる公共の精神や、倫理観などを根付かせる絶好の機会ともなりました。敗戦で一度は物心ともにボロボロになった日本が、国際社会に十分に伍してやっていけることを、国内外に示すきっかけとなったのが、かつての東京オリンピックでした。

現在の日本経済もまた、大きな転換期にあります。たとえば自動車のシェアサービス「uber」から生まれた「ウーバライゼーション」という言葉がありますが、これまでの買い手が売り手になり、サービスの受け手が提供者になる、いわゆる「シェアリング・エコノミー」の時代が始まっています。マイナス金利や仮想通貨の浸透は、経済の大前提を変貌させ、AI(人口知能)の進化は、人間の働き方も大きく変えていくでしょう。しかもその変化は、想像を超えて加速しているのが現実です。

この先、何十年も日本で生きていく私たちの子どもや孫の世代のためにも、「2020年の東京オリンピックがあったから、これが生まれたんだよ」「あのときから、日本が再びよくなり始めたんだよ」と言えるものを、これを機会に生み出したいですよね。

批判は大事です。無責任に叩いて、潰して終わりにするのも簡単です。でもせっかく苦労して獲得したものを生かさない手はありません。そのためにも、国民みんなが知恵を出し合い、みずから参加する必要があります。その手がかりは、前回の東京オリンピックにあると思います。今こそ、力を結集するときでしょう。

(構成:大越裕、撮影:今井康一) 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT