クリントン・サンダース両氏が会談へ

ワシントンD.C.での最終予備選後

 6月14日、クリントン(写真左)、サンダース両氏が会談する予定だ。ニューヨークで4月撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson )

[ワシントン 14日 ロイター] - 米大統領選の民主党候補選び争いで指名を確実にしたヒラリー・クリントン前国務長官と対抗馬のバーニー・サンダース上院議員は、首都ワシントンでの最後の予備選を終えた14日夜に会談する予定。

クリントン氏は共和党の候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏との11月の本選での戦いに備え、サンダース氏から支持を取り付けたい考え。

クリントン選挙対策チームの関係者はロイターに対し、「クリントン氏が先週7日にサンダース氏と電話で話した際、会談することで双方が合意した」と述べた。

「共有する進歩主義的な政策へのコミットメントを今後どのように進め、トランプ氏打倒に向けていかに協力できるかについて話す」機会になるとしている。

サンダース氏に対しては、本選に挙党体制で臨むため、候補選び争いで正式に敗北を認めクリントン氏に協力するよう党内から圧力が高まっているが、同氏は支持者に対し最後まで戦うと約束している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT