JTBが花火大会でパイプ椅子席を売るワケ

ある営業所長が気づいた「提供価値の大転換」

従来の旅行会社の仕事とはちょっと違う、逆転の発想術とは?
無名の地方の村からほんの数年で「日本一の星空の村」へと変貌を遂げ、年間6万人もの人を集めるようになった長野県阿智村。その成功した村おこしの影には、現地で地道なサポートを続けたJTB中部社員、武田道仁さんの奮闘がありました。
従来の旅行会社の発想を覆すような武田さん流の「地方創生」について、武田さんをよく知るマーケティング戦略アドバイザーの永井孝尚氏が聞きます。

武田さん流の驚きの逆転の発想術

永井:武田さんは「日本一の星空の村」長野県阿智村の村おこしを成功させた立役者のひとりです。私が『そうだ、星を売ろう』を書いた時も、武田さんから阿智村の舞台裏についていろいろと教えていただきました。今日の対談では、ぜひ読者の方に、武田さん流の驚きの逆転の発想術をお伝えしたいと思っています。

武田:いえいえ、ありがとうございます。でも確かに、私の仕事は多くの方がイメージされている従来の旅行会社の仕事とはちょっと違っているかもしれません。

私の仕事は、地域の方々と一緒に、地域の観光資源を掘り起こして、それを磨き上げてお客様に地域に来ていただけるようにすることです。JTBの事業領域である「交流文化事業」の一環ですが、今、全社で積極的に取り組んでいます。

JTBの強みは、実は地域の価値を目利きしたり、磨き上げるところにあります。JTB社員一人ひとりが日頃の仕事の中でつねに意識することが必要です。そこで社内で地道に勉強会をもしています。

永井:阿智村の方々とお話していて、「武田さんのおかげで、星が売り物になると確信が持てた」というお話を何度も聞きました。JTBさんの旅行者目線での目利き力は、地域にはない視点がありそうですね。

次ページWeb系の旅行会社にはないJTBの強み
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT