曇りでも人気!「日本一の星空ツアー」の秘密

長野県の小さな村が起こした奇跡

「日本一の星空ナイトツアー」には曇りの日にも人が集まる仕掛けがある
いま、長野県の小さな村に大勢の人が詰めかけている。長野県阿智村「日本一の星空ナイトツアー」だ。ほとんど無名の温泉地だった阿智村のナイトツアーは、2012年の開始からたった3年後の2015年には、年間6万人もの人を呼ぶ「人気スポット」に様変わりした。
その背景には未経験から始めた「スターガイド」たちの成長物語があった。『そうだ、星を売ろう』(KADOKAWA)でも阿智村を紹介した永井孝尚氏が、その背景に迫る。
※前回記事:日本一地味な村、阿智村に人が殺到するワケ

 

今、日本一といってもいいほど人を集める「ナイトツアー」がある。長野県阿智村が2012年に開始した「日本一の星空ナイトツアー」だ。2015年には実に6万人の観光客が集まった。

この「日本一の星空ナイトツアー」は、4~11月までのシーズン中は毎晩実施されている。つねに開催されていて、いつでも参加できることが、来訪者にとって大切だからだ。世の中にある「体験型旅行」の多くは、申込期限が実施の数日前だったり、必要な人数が揃うまで実施されるかどうかわからなかったりして、利便性が低い。現代の観光客は、そのような商品にはなかなか申し込まないものだ。

雨や曇りの日はどうするのか

しかし、ここでちょっと考えてみてほしい。雨や曇りの日もある。毎晩星が見えるとは限らない。そんな日はどうするのだろうか?

実はここにこのナイトツアーの人気の秘訣がある。星が見えない日でも、観光客がそれなりに満足する仕組みがあるから、これだけの人を動員できているのだ。かくいう私も、2015年7月に参加した際、曇りだった。その時に撮影したのが冒頭の写真だ。

次ページ星が見えない日でも客が楽しめる理由
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT