曇りでも人気!「日本一の星空ツアー」の秘密

長野県の小さな村が起こした奇跡

「日本一の星空ナイトツアー」には曇りの日にも人が集まる仕掛けがある
いま、長野県の小さな村に大勢の人が詰めかけている。長野県阿智村「日本一の星空ナイトツアー」だ。ほとんど無名の温泉地だった阿智村のナイトツアーは、2012年の開始からたった3年後の2015年には、年間6万人もの人を呼ぶ「人気スポット」に様変わりした。
その背景には未経験から始めた「スターガイド」たちの成長物語があった。『そうだ、星を売ろう』(KADOKAWA)でも阿智村を紹介した永井孝尚氏が、その背景に迫る。
※前回記事:日本一地味な村、阿智村に人が殺到するワケ

 

今、日本一といってもいいほど人を集める「ナイトツアー」がある。長野県阿智村が2012年に開始した「日本一の星空ナイトツアー」だ。2015年には実に6万人の観光客が集まった。

この「日本一の星空ナイトツアー」は、4~11月までのシーズン中は毎晩実施されている。つねに開催されていて、いつでも参加できることが、来訪者にとって大切だからだ。世の中にある「体験型旅行」の多くは、申込期限が実施の数日前だったり、必要な人数が揃うまで実施されるかどうかわからなかったりして、利便性が低い。現代の観光客は、そのような商品にはなかなか申し込まないものだ。

雨や曇りの日はどうするのか

しかし、ここでちょっと考えてみてほしい。雨や曇りの日もある。毎晩星が見えるとは限らない。そんな日はどうするのだろうか?

実はここにこのナイトツアーの人気の秘訣がある。星が見えない日でも、観光客がそれなりに満足する仕組みがあるから、これだけの人を動員できているのだ。かくいう私も、2015年7月に参加した際、曇りだった。その時に撮影したのが冒頭の写真だ。

次ページ星が見えない日でも客が楽しめる理由
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT