絶好調のツルハが低価格路線で勝負

「消費増税はチャンス」と意気込む鶴羽社長

18日の説明会で鶴羽樹社長はこの新業態について「販管費率を12%程度に抑えている(通常のドラッグストアでは20%前後)。消費増税を前に、ローコストオペレーションのノウハウを蓄積したい」と語った。

そのノウハウとはこうだ。

ビッグダウンで進む実験

ビッグダウンと同サイズ(300坪)の同社ドラッグストアでは通常、医薬品、化粧品、食品など合わせて約22000品目を取り扱うが、現在ビッグダウンで扱うのは14000品目。さらに売れ筋を厳選し、最後は10000品目にまで絞り込むことで、在庫把握や品出しといった店頭作業の削減を図る狙いだ。

医薬品のカウンセリングにはパート、アルバイトの有資格者である「登録販売者」が当たる。正社員の薬剤師を置かないことで、販売できる医薬品の種類は多少幅が狭くなるものの、人件費の抑制につなげる狙いだ。

今のところビッグダウンの展開は日立市の1店舗のみで、「今期いっぱいは実験段階」(鶴羽社長)。ただ、来期以降はグループ内の低採算店舗をビッグダウンへ転換したり、既存のドミナントエリアでも食い合いを起こさない形で出店を進めていくという。

 

次ページ消費増税後をにらむ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。