フォッシルが狙う「Apple Watch後」の市場

ディーゼルのスマートウォッチが今秋発売!?

――一般的なファッション系のクォーツウォッチに、ウエアラブル活動量計を組み込みつつ、ある程度の通知機能や時刻自動合わせなど、スマートフォン連動を組み込むということですね。どのぐらいの数のブランドから、いつごろ発売されるのでしょうか。

今年の後半……具体的には9月以降に発売になります。発売時にはフォッシルブランドだけでなく、われわれが関係しているありとあらゆるブランドから発売されます。

◇  ◇  ◇

Apple Watchが発売されたときに驚いたのは、想像以上に時計としての作りがよかったことだ。モクシー氏が語っているように、既存の時計は心臓部であるムーブメントを複数ブランドで共有しながら、しかしデザインやケースの仕上げ、バンドの作りなどで差異化している。

多くのスマートウォッチは、そうした時計メーカーならではの作りを無視したものだったが、Apple Watchは純粋な電子機器メーカーでありながら、時計としての価値を見出せる作りとなっていた。

バンドだけでデザインが完成するわけではない

しかし一方で、Apple Watchのようにディスプレーとコンピュータを用いたリッチな表現力やインタラクティビティが必要かといえば、そこには疑問が出てくる。スマートウォッチに表示される情報は、すべてスマートフォンのアプリが捕捉しているものだからだ。それならば重要な通知のみを行い、あとはスマートフォンを取り出せばいいということになる。

加えて電子機器の画一化されたデザインやメカニズムは、ファッションアイテムとしての時計となじまないのも確かだろう。アップルはバンドの種類を増やしているが、バンドだけでデザインが完成するわけではない。

まだ結論を出すには早いが、フォッシルが力を入れる“ハイブリッド”なスマートウォッチの登場は近い。はたしてこれが最適解なのか。まずは今年の年末商戦に注目しよう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT