シャープの命運は銀行に握られた

財務内容から今後のシナリオを探る

このバランスシートで最も大きな変化が見られたのは、純利益が源泉となる「利益剰余金」です。平成23年3月末には6489億円あったのが、平成24年3月末には2599億円まで急減し、さらに同年9月末には△1331億円とついにマイナスに転じています。これは、先程触れた純損失の分がストレートに反映されているのです。

 したがって、純資産合計も急減しました。平成23年3月期に1兆486億円あったのが、平成24年3月期には6451億円まで減少しています。当然、その分、中長期的な安定性の目安となる指標である「自己資本比率(=純資産÷資産)」も大幅に落ち込みました。平成23年3月期には36%あったのが、平成24年3月期には25%まで悪化してしまったのです。
次ページ1年で自己資本比率が10%以上も悪化した
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。