シャープの命運は銀行に握られた

財務内容から今後のシナリオを探る

このバランスシートで最も大きな変化が見られたのは、純利益が源泉となる「利益剰余金」です。平成23年3月末には6489億円あったのが、平成24年3月末には2599億円まで急減し、さらに同年9月末には△1331億円とついにマイナスに転じています。これは、先程触れた純損失の分がストレートに反映されているのです。

 したがって、純資産合計も急減しました。平成23年3月期に1兆486億円あったのが、平成24年3月期には6451億円まで減少しています。当然、その分、中長期的な安定性の目安となる指標である「自己資本比率(=純資産÷資産)」も大幅に落ち込みました。平成23年3月期には36%あったのが、平成24年3月期には25%まで悪化してしまったのです。
次ページ1年で自己資本比率が10%以上も悪化した
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。