待望の「アナ雪」続編、気になるその中身は?

ディズニーがヒットアニメを生み続ける秘密

WDASプレジデントのアンドリュー・ミルスタイン氏は「企業の文化や風土を守っていくことを心がけている」という
ディズニーアニメーションが好調だ。近年では『アナと雪の女王』はもちろん、『シュガー・ラッシュ』『ズートピア』などヒット作が続いている。
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ(以下、WDAS)といえば、エド・キャットムル氏(傘下のアニメーションスタジオ「ピクサー」の共同設立者で、現在はWDASの社長も兼務)とジョン・ラセター氏(ピクサーで『トイ・ストーリー』などを制作し、現在はピクサーとWDASのクリエイティブ部門を統括)が有名だが、彼らとともにWDASを率いるのが、アンドリュー・ミルスタイン・WDASプレジデントだ。キャットムル氏やラセター氏が主に作品作りを担う一方で、ミルスタイン氏が実務面を含めた全体を指揮する。
なぜヒットが増えているのか。気になるアナ雪の続編は? 来日したミルスタイン氏に聞いた。

「ストーリーがいいからこそ見に来てくれる」

――WDASからヒット作が増えているように思います。

WDASのビジネスの現状にはとても満足している。

ただ、奇策があるわけではない。最優先に考えていることは、「とにかく良いフィルムを作る」。That's It(以上)。それだけに全力を投入する。もちろん経済的な成功は重要ではあるが、いかに作品のストーリーを伝え、クオリティの高いものを作っていくか。そこに全力を投入することで、好循環が生まれていると思っている。

だいたい1本の作品作りには4〜5年かける。特に重視しているのは、作品のストーリーだ。ストーリーがいいからこそ、お客さんは見に来てくれる。そのためにはストーリーが織りなす世界観が大事になるし、魅力的なキャラクターを登場させる必要もある。表現するためのテクノロジーも必要だ。これらがすべてそろって、みなさんに受け入れられるフィルムが生まれる。

次ページ『アナ雪』はなぜヒットした?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT