待望の「アナ雪」続編、気になるその中身は?

ディズニーがヒットアニメを生み続ける秘密

――『アナ雪』続編の予定は?

まず次のことはお約束できる。非常にいいフィルムになるし、いい音楽もある。見る人の感動をかき立て、ハッピーにさせる。そうした作品を作るために、前回のアナ雪を制作したチームが再結成された。すでに制作に取りかかっている。

ただ現時点で、いつ公開できるかはお話できない。最高の状態に持って行くまでには十分な時間が必要だ。美味しいケーキを作るにはそれなりの時間がかかるもの。忍耐力と決意が必要だ。

CGを駆使しているが、手書きの要素も重視している

――他にはないディズニーアニメーションの強みは何ですか。

まず93年という長い歴史がある。ディズニーと聞くと、世界中の人たちが何かしら心に感じるものがある。そうしたレガシーをアーティストやテクノロジーのスタッフもきちんと理解している。

『アナ雪』も『ズートピア』もそうだが、最近の作品はCGを駆使している。だが、(ディズニーに残されたスケッチなどを参考に)手書きの要素も重視している。だからこそ、キャラクターがディズニーらしさにあふれ、その動きもディズニーらしくなる。たとえばアナ雪の氷の魔法の動きなどにも手書きの要素が生かされている。

――最新作『モアナ』(全米公開2016年11月23日、日本では2017年3月全国公開)の”売り”は何ですか。

2つある。まずとても強いストーリーがあること。観衆がこの世界に入っていきたいと思うような内容になっている。もう一つが、ストーリーとテクノロジーの融合だ。これは本当に驚くような効果が生まれている。その点を楽しみにしていてほしい。

(撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。