2ドラマが躍進、「Hulu人気動画」トップ20

首位は日曜ドラマ「ゆとりですがなにか」

日曜ドラマ「ゆとりですがなにか」が大きく順位を上げた© NTV

日本でもネットの動画配信サイトが当たり前に利用されるようになってきた昨今、もっとも人気を集めている動画はどんなものなのか。

以下のランキングは、Huluで5月に視聴回数が多かった上位20のコンテンツ。テレビの人気番組とはちょっと違う、人気動画の最新動向を垣間見ることができる。

4月スタートのドラマが席巻

今週で4週連続首位を獲得したのは、日本テレビの日曜ドラマ「ゆとりですがなにか」だ。

「ゆとりですがなにか」は“ゆとり世代”と一括りにされる主人公たちが、それぞれダメな自分をさらけ出しながらも、徐々に成長していく姿を描いている。

主人公らと同世代の視聴者はもちろん、職場の部下や後輩、または上司や先輩に重ね合わせるなどして、幅広い年齢層の視聴者に支持されたようだ。Huluの5月の視聴数ランキングでは、先月の8位から大きくジャンプアップし、1位に輝いた。

次ページ「恋愛ベタ男」の奮闘記に集まる注目
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT