ロンドン起点で描く、スカイプの成長戦略

創業10年目の誓い(最終回)

2011年10月、マイクロソフトによって買収されたスカイプ。現在、登記上の本社はマイクロソフトと同じ米国だが、事実上の本社機能はイギリス・ロンドンオフィスが担っている。

ロンドンオフィスはスカイプの社員数1700人のうち、250人が働き、年末にかけて400人まで増える見込みだ。マイクロソフトの傘下に入った後も、ロンドンオフィスの重要性はますます高まっている。

ここロンドンで、スカイプはどのような成長戦略を描いているのか。3人のキーパーソンを直撃した。

スカイプブランドを支える「3つの基盤」

1人目はブランド&クリエイティブ担当グローバルディレクターのギャリー・ブラモール氏だ。ブラモール氏は09年スカイプに入社し、スカイプのグローバルブランド戦略、マーケティングを担当してきた。スカイプに入社する以前は、アップルでオンラインストアの顧客のサポート業務を行っていた。

「03年にスカイプは誕生し、これまでのコミュニケーションの手段を変えた。今や月間利用者数は3億人近くに達し、世界の人口成長率の4倍の速度で成長している」

では、スカイプのブランド価値とは何か、それは競合企業と比べ何が違うのか。

「スカイプのブランドには3つの基盤がある。universal(普遍的)、useful(便利)、wonderful(感動的)だ。universalとはパソコン、モバイル、テレビなどあらゆるプラットフォームに対応していること。usefulとは遠く離れた家族と会話したり、ビジネス上の契約を交わしたり、あらゆる用途に対応していること。そしてwonderfulとは世界を変えるということだ。

次ページスカイプの優位性は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。