無料通話スカイプ創業10年目の誓い(第1回)

現地取材で徹底リポート

インターネットを使って、ユーザー同士の通話やチャットなどを無料で提供する無料通話サービスが広がりを見せている。

韓国ネットサービス大手NHN(日本法人はNHN Japan)が運営する無料通話・無料メールアプリ「LINE(ライン)」は10月、登録者数が世界で約7000万人(うち日本国内は3200万人)を突破した。ヤフーと資本・業務提携するカカオジャパンの「KAKAO TALK(カカオトーク)」は、9月末時点の登録者数が世界6500万人。10月23日には、国内ソーシャルゲーム最大手のディー・エヌ・エー(DeNA)が、「comm(コム)」というサービス名でこの分野への参入を発表した。

今や一般的となってきた無料通話サービス。新興勢力の存在に目がいきがちだが、この分野には依然として圧倒的なガリバーが存在する。北欧発祥のスカイプである。

月間利用者数は2億8000万人

その強さは、利用者数や利用時間といった各指標に現れている。2012年9月末時点の推定登録者数は約6億人。会社発表によると、月間利用者は2億8000万人、ピーク時の利用者は4000万人超に達する。年間の通話時間は合計3000億分以上(うち半数がビデオ通話)に及び、国際通話における総時間数の4分の1がスカイプ同士の通話が占める。

ラインやカカオトークといった競合はメールや独自の絵文字機能を中心として使われており、通話時間ベースで比べると、スカイプは競合を大きく引き離す。

次ページ電話の概念を根底から変えた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。