無料通話アプリ・LINEがプラットフォームサービスへ展開

狙うは”フェイスブック越え”

無料通話アプリ・LINEがプラットフォームサービスへ展開、“フェイスブック超え”をブチ上げる

韓国ネットサービス大手NHNの日本法人・NHN Japanは7月3日、都内で会見を開き、スマートフォン向けの無料通話・無料メールアプリ「LINE(ライン)」を、新たなプラットフォームサービス「LINE Channel(ライン チャネル)」に拡張し、近日公開すると発表した。

LINEは、NHN Japanが独自開発したサービスで、2011年6月に開始。12年4月下旬からスタンプと呼ぶチャットで用いる独自キャラクター画像のオンライン販売を行ってきたが、LINE Channelの公開により、本格的な収益化に踏みこむ。

LINEは、世界で4500万人が利用する人気アプリ(7月2日時点、うち国内は2000万人)。電話帳に登録した友人・知人と無料で通話やチャットを行うことができる手軽さがウリ。10代後半から20代前半の女性が利用者の中心だが、会社員のユーザーも4割以上を占めるなど幅広い層で支持されている。スタンプは、2カ月で3.5億円を売り上げたという。

新たに開始するLINE Channelでは、4500万人のユーザーに対し、外部パートナーとの連携を中心としたコンテンツ提供を行う。具体的には、7月上旬にゲーム、占い、8月中に小説、クーポン、9月中に着うた・着ボイスの提供を予定している。

ゲームはもともとNHNの本業でもあるだけに自社開発タイトルを含むが、残りのジャンルのコンテンツはすべて外部パートナーと連携して展開する。パートナーとして選んだのが、占いがマガジンハウス、小説が講談社、クーポンがリクルート、音楽コンテンツがレコチョク。

これ以降も、検索や通販、ニュース、位置情報、マンガ、着うた・着ボイス以外の音楽などの展開を予定している。「イメージとしては、ポータルサイト。LINEがスマートフォンユーザーのゲートウェイ(玄関)になる」(舛田淳・LINE運営責任者兼執行役員)。

会見では同時に、LINE Channelの機能を拡張するため、「ホーム」「タイムライン」という2つの新機能を近日公開すると発表した。 

次ページKDDIとも連携
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。