無料通話アプリ・LINEがプラットフォームサービスへ展開

狙うは”フェイスブック越え”

 森川亮社長は質疑応答の中で、年内1億人を掲げるユーザー数の目標は、「いずれフェイスブックを超える規模にしたい」とブチ上げた。その時期は明言しなかったが、公の場でフェイスブックを意識した発言をするのは今回が初めてだ。

また、LINE事業の売り上げ目標についても「未定」(森川社長)としたが、オンラインのアイテム課金ビジネスの先駆け的存在とも言える「ハンゲーム」を自ら運営しているだけに、収益化については自信があるようだ。

グリーやモバゲーなどで問題になっているように、課金が行き過ぎた場合、問題はないのかという質問には、「いたずらにARPU(Average Revenue Per User、顧客1人当たりの収入)を上げるのではなく、まずはゲームの楽しみを伝えたい。アイテム課金型ではあるが、ガチャは入れず、さまざまなゲームの仕組みを用意したい」と語った。“クロ”判定された「コンプガチャ」はもちろんのこと、現在のソーシャルゲームの課金手法には社会的批判が絶えない。こうした問題をクリアしつつ収益を上げるモデルが確立できるか。

リアルの人間関係をベースとしたコミュニケーションサービスのプラットフォーム展開については、日本では、ミクシィが2010年にいちはやく開始したものの、当初、ゲーム性を排除するなど運営方針が定まらず、収益化に苦戦している。一方で、フェイスブックは利用者9億人を擁し、グローバルなコミュニケーションサービスプラットフォームとしては頭ひとつ抜けた存在になった。

日本発のプラットフォームサービスが世界に向けて羽ばたくか。“国産”としての期待も背負いつつ、LINEは新しい道へと踏み出す。

(撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。