無料通話スカイプ創業10年目の誓い(第1回)

現地取材で徹底リポート

有料ユーザーの拡大と同時に新しい収益モデルの創出を求められており、今後マネタイズの速度が上がらなければ、アクアンティブのような大型減損も避けられない。

創業から10年目を迎え、マイクロソフトの買収から1年が経ったスカイプ。節目の年に彼らは今、何を考え、どのような誓いを立てているのか。東洋経済は10月下旬、スカイプの創業地であり今も大半の社員が籍を置く、欧州拠点を取材する機会を得た。第2回はその現場をレポートする。(続く)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT