台湾新政権の足を引っ張り続ける中国の思惑

蔡英文を中傷する女性蔑視記事まで流布

これにはBBCやVOAなど欧米のメディアは敏感に反応し、また、中国のインターネットも王衛星論文は女性蔑視であると厳しく批判して、「これまで読んだ中で最も愚かで人を傷つける文章だ」「むかつく」などと書き込み、王論文は炎上した。

さすがに中国の当局もこの論文を問題視して削除し、翌日にはどのサイトでも見られなくなった。削除を指示したのは習近平主席であったとも言われている(先に引用した『多維新聞』)。

力ずくで台湾を押さえようとしている

以上の諸事例にみられる中国は一方的、非常識であり、力ずくで自己の主張を通そうとする姿勢が目立つ。なぜか。

中国がこれまで支持してきた国民党は大敗を喫した。中国が負けたわけではないが、台湾政策が期待した効果を上げられなかったのは否定できない事実であり、これは中国の問題だ。中国においては焦りが生じているのではないかと思う。

一方、蔡英文新政権の滑り出しは順調だが、大事なのはこれからだ。経済状況いかんでは、台湾の中国に対する依存度が再び高くなることもありうる。

台湾人の政治姿勢は過去4年間で大きく変化したことにかんがみれば、これから4年間で再び変わるかもしれない。また、台北市長に無党派の柯文哲が当選したことに示されているように、台湾では国民党支持でも民進党支持でもない第三の勢力が大きくなりつつある。

いずれにしても、今後、与党民進党も、下野した国民党も、またいわゆる「第三の勢力」も台湾の変化を吸収して政治に反映させていけるかが問われることになる。

中国としてもこのような台湾の状況に注意し、台湾人の願望を尊重することが必要なはずである。
 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT