デジカメ時代に「チェキ」がなぜ人気?

開発と販促の裏側を探る

――チェキはアイドルの撮影会等でも使用されることが多いと聞きます。

渡邊 そうですね。撮影会だけではなくて、AKB48のCDシングルを買うとチェキの写真がついていたり、人気アイドルグループの「ももいろクローバーZ」もチェキのTシャツを着てくれていたりしたこともありました。

チェキの使い方は広がっていて、アイドルのイベントやメイド喫茶といった、メーカーが考えつかなかったような自由な発想で楽しんでいらっしゃるお客様が増えています。 それ以外でも、チェキの本体をデコレーションするとか、プリントされた写真にシールを貼って飾り付けするとか、楽しみ方の幅が広い製品なのかなと思います。

チェキをテーマにした書籍も

チェキをテーマにした書籍もできました。単独のカメラ製品が書籍になるのはなかなかないことですよね。こちらからお願いしたわけではないのに、このようにいろいろなところで広がっていくといういい流れができているのではないかと思います。

――チェキが文化をつくっている側面もありますね。

渡邊 友人と撮る写真だけでなく、アートのような写真も撮れますし。最近は、デジタルで撮影した風景の一部にチェキで撮った写真が入っているという作品も出てきています。気軽に撮れますが、凝ればどこまでも深く探求できます。

――今後はどんな展開を考えていますか。

坂田 まずはイベントやSNSなどを通じて、さらに多くの人に広めていくことをやっていきたいと考えています。そのほか、キャラクターとのコラボレーションであったりとか、カメラ単体だけでなく周辺のアクセサリーとセットにして楽しんでもらったりとか、そういった展開を考えています。

とにかく、チェキを使って楽しんでもらいたいですね。友だちとのコミュニケーションを増やしたり、生活を豊かにするようなカメラになればいいなと思います。チェキは親元を離れて楽しみ方が広がっているようなところもありますし、これからもユーザーの方々と一緒によりよい製品に育てていきたいです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。