417兆円の債務超過、年金負債も天文学的

曖昧すぎる国のバランスシート

長期金利が上がっても、バランスシートには影響しない

次に、「負債の部」の「公債」に関連した話をします。「公債」とは、いわゆる長期の日本国国債のことです。

金利が上昇すると、それに伴って国債の利払いも増えます。例えば、平成24年度の一般会計予算によると、国債の利払い費だけで9兆8000億円も計上されていますが、将来、金利がたった1%上昇しただけで、長期的にはほぼ倍の約20兆円を支払わねばならなくなるのです。

しかし、このように長期金利が上昇して利払いが増えても、国債の残高さえ増えなければ、バランスシートには影響しません。利払い費は、ほぼキャッシュベースである一般会計予算に計上されるのです。

ですから、金利が1%上昇しますと、その分は当然、国家予算を増やさなければならなくなります。つまり、キャッシュの動きを追っていくと影響が表れ、政府の資金繰りは苦しくなることになります。(予算に関しては、別の回で説明したいと考えています)

少し余談になりますが、金利が上昇したとき一番困るのは、国債を大量に保有している国内の金融機関です。1%の金利の上昇で、メガバンク3行だけでも国債の含み損が約2兆円にもなると言われています。ですから、もし金利が上がってしまった場合、政府のバランスシートには影響がありませんが、金融機関などのバランスシートに膨大な損失が計上されてしまうのです。

次ページ日本の財政は、あまりに複雑
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。