417兆円の債務超過、年金負債も天文学的

曖昧すぎる国のバランスシート

長期金利が上がっても、バランスシートには影響しない

次に、「負債の部」の「公債」に関連した話をします。「公債」とは、いわゆる長期の日本国国債のことです。

金利が上昇すると、それに伴って国債の利払いも増えます。例えば、平成24年度の一般会計予算によると、国債の利払い費だけで9兆8000億円も計上されていますが、将来、金利がたった1%上昇しただけで、長期的にはほぼ倍の約20兆円を支払わねばならなくなるのです。

しかし、このように長期金利が上昇して利払いが増えても、国債の残高さえ増えなければ、バランスシートには影響しません。利払い費は、ほぼキャッシュベースである一般会計予算に計上されるのです。

ですから、金利が1%上昇しますと、その分は当然、国家予算を増やさなければならなくなります。つまり、キャッシュの動きを追っていくと影響が表れ、政府の資金繰りは苦しくなることになります。(予算に関しては、別の回で説明したいと考えています)

少し余談になりますが、金利が上昇したとき一番困るのは、国債を大量に保有している国内の金融機関です。1%の金利の上昇で、メガバンク3行だけでも国債の含み損が約2兆円にもなると言われています。ですから、もし金利が上がってしまった場合、政府のバランスシートには影響がありませんが、金融機関などのバランスシートに膨大な損失が計上されてしまうのです。

次ページ日本の財政は、あまりに複雑
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT