日常生活や仕事で男女間格差を感じますか?

東洋経済1000人意識調査

55.5%が「格差を感じる」

政治、経済など4分野での男女平等の度合いを評価した「男女格差報告」(世界経済フォーラム)で日本は101位と下位にある。日常生活や仕事で男女間格差を感じるかどうかを尋ねると、55.5%が「格差を感じる」と答えた。

ダボス会議を主催する世界経済フォーラム(WEF)は政治、経済、健康、教育の4分野での男女平等の度合いを評価した「男女格差報告」の2012年版を発表しました。

日本は対象となった135カ国のうち101位と下位の順位です。
あなたは仕事や日頃生活するうえで男女間の格差を感じることがありますか。

(編集部 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2012年12月1日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。