日常生活や仕事で男女間格差を感じますか?

東洋経済1000人意識調査

55.5%が「格差を感じる」

政治、経済など4分野での男女平等の度合いを評価した「男女格差報告」(世界経済フォーラム)で日本は101位と下位にある。日常生活や仕事で男女間格差を感じるかどうかを尋ねると、55.5%が「格差を感じる」と答えた。

ダボス会議を主催する世界経済フォーラム(WEF)は政治、経済、健康、教育の4分野での男女平等の度合いを評価した「男女格差報告」の2012年版を発表しました。

日本は対象となった135カ国のうち101位と下位の順位です。
あなたは仕事や日頃生活するうえで男女間の格差を感じることがありますか。

(編集部 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2012年12月1日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。