屍者の帝国 伊藤計劃、円城 塔著

Books Review

伊藤計劃の遺作を導入部に円城塔が450ページの快著に仕立て上げた。魂の抜けた死体に擬似霊素とプログラムを書き込ん(インストール)で屍者(ししゃ)として蘇らせる技術が定着した19世紀末、若きワトソン博士はロンドンからアフガニスタン、日本、米国と、英国政府の間諜として探索の旅に出る。フランケンシュタイン、カラマーゾフ、レット・バトラー、川路利良、グラント将軍、ダーウィンまで登場し、虚実綯(な)い交(ま)ぜ物語は躍動する。重要な役割を果たすコンピュータがパンチカード式なのも心憎い。

アフガンでは屍者たちの銃撃戦、維新の日本では剣戟(けんげき)、米国では列車上の格闘とサービス精神も満点だ。生命とは、人間とは、言葉と意識とはといった哲学的問いが波乱万丈の冒険譚(たん)の中で収斂(しゅうれん)していく。兵士や労働者、記録係など意識と感情を欠いて働く屍者を現代に読み替えるとき、どんな答えが待ち受けるのか。めっぽう面白くてずしりと重い傑作SFである。(純)

河出書房新社 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。