未曾有のIPO仕切るサウジ・プリンスの改革

脱・石油依存政策に勝算はあるか

ビジョン2030を発表する記者会見。弱冠31歳のサルマン副皇太子はサウジを抜本的に変革しようとする(写真:代表撮影/Abaca/アフロ)

史上最大のIPO(株式新規公開)は実現するのか。

4月、サウジアラビアが世界最大で国営の石油会社、「サウジアラムコ」の株式を上場すると正式に発表した。早ければ2017~18年に実現するとしている。

アラムコの確認埋蔵量は約2600億バレルと石油メジャー最大手・米エクソンモービルの10倍強だ。企業価値の正式な算定はこれからだが、2兆ドル(約220兆円)以上とサウジは見積もる。時価総額で、世界最大の米アップルのおよそ3倍と、市場関係者は沸き立つ。

IPOは2段階で行われる予定だ。まずアラムコ株の最大5%を売り出す。5%といえど1000億ドル(約11兆円)。14年の中国アリババIPOでの調達額250億ドルの4倍の規模になる。その後、石油メジャーなどと合弁で展開する、石油精製や石油化学関連会社の上場を検討する。

2030年までの経済改革を担う若きプリンス

未曾有のIPOを主導するのは、サウジの若きプリンス、ムハンマド・ビン・サルマン副皇太子(31)だ。最近まで無名の王族の一人にすぎなかったが、15年1月に実父サルマン国王(80)の即位により、にわかに皇位継承権2位に浮上。国防相や経済開発評議会議長に就任するなど、事実上、経済と軍事の実権を一手に握った。

年初から、アラムコのIPOを目玉とした経済改革の構想を一部メディアに語っていたが、正式な閣議決定を受け、4月25日に国営テレビ、アル・アラビーヤのインタビューに出演。アラムコの上場を含む30年までの経済改革構想「ビジョン2030」について熱弁を振るった。

次ページアラムコIPOのワケ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT