フェイスブックは「中立」な報道機関ではない

「アルゴリズムに偏見はない」は幻想だ

フェイスブックは今や、世界随一の「ニュースメディア」になりつつある。写真はマーク・ザッカーバーグCEO(写真:Jim Wilson / The New York Times)

フェイスブックは世界で最も影響力を持つニュースサイトだ。

数字から見ればそれは明らかだ。毎日、10億人を超える人々がフェイスブックのニュースフィードを読んでいる。それによって得られる利益も膨大なら、フェイスブック経由のほかのニュースサイトへのアクセスも膨大だ。

ニュース業界を動かす力

その一方でフェイスブックは、もっと目立たない形でニュース業界を動かす力を手にしている。ニュース業界では記者も編集者も重役も、まるで生まれたばかりのひなが親鳥を見るかのように――つまりあらゆる知識とメシのタネの源泉として、そして危険と隣り合わせの世界における行動の指針として――フェイスブックを見ている。いい例が、ニューヨーク・タイムズが先ごろ始めたライブ動画の配信だ。どういうことかって? フェイスブックがそういうサービスを始めたのだ。

だがフェイスブックのことを、現実世界で起きる出来事を左右できるような強大な力を備えた「報道機関」だと考える米国人はごく少数だ。大手メディアについて論じるときに、ソーシャルメディアの最大手であるフェイスブックが対象に含まれることはまずない。それはフェイスブックが、表向きには経験論に基づいて動いているからだ。フェイスブックのニュースフィードに表示されるのは、中立公正を謳う人間の主観的な姿勢に左右されることのない、客観的な真実のようなものだと思っている人は少なくない。

だがそれは間違っている。ニュースサイトのギズモードは先ごろ、フェイスブックの「トレンディング」欄(米国などで提供されているサービスで、ニュースフィード画面の右段に今話題になっているニュースのリストが表示される)の担当チームが、保守的な視点の記事を表示させないよう操作していたと報じた。フェイスブックはすぐにこれを否定した。

次ページトランプ大統領誕生の阻止に協力?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT