「儲からない体質」から脱せない大手損保

堅調は東京海上のみ

各グループで正味収入保険料の約5割を占める自動車保険は、新規契約が伸びる中で改善傾向が見られたものの、高齢ドライバーの増加による事故率の高止まりが依然として続いている。

MS&AD、NKSJは統合コストが重荷

NKSJは11月19日付けで、上期決算とともに経営合理化策も発表した。傘下の損害保険ジャパンと日本興亜損害保険の合併時期を14年9月をメドとするととともに、15年度までに約4800人を削減する方針を表明。うち約1600人を希望退職の募集やグループ企業への出向・転籍が占める。すでに9月には400人程度の希望退職者募集を明らかにしている。

NKSJでは合併によるシナジー効果を15年度時点で11年度比約560億円と想定する一方、合併によるコストは12~15年度の累計で約1200億円にのぼるとしており、経営の重荷となっている。

MS&ADは、傘下の三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険の統合の形態が決まっていない。MS&ADは12年度連結決算で120億円の黒字を確保するものの、東京海上との収益力格差は歴然としている。経営形態に先駆けて進めているコンピュータシステムの統合コストや人員問題など、直面する問題はNKSJと共通している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT