3メガバンク”無風”の中間決算

誤算は株式減損のみ

三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)、みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)の3メガバンクは11月14日、そろって2012年度(2013年3月期)の9月中間決算を発表した。

3メガとも通期の業績見通しを堅持(SMFGは純益4800億円から5400億円に上方修正)しており、”無風”の決算だったといえる。「唯一の誤算は株式減損」(みずほFGの佐藤康博社長)。3メガとも株式市場の低迷で多額の株式減損を計上したが、それを国債売却益で埋めた格好だ。

利ザヤ取りづらい環境続く

各行とも貸出金残高は海外を中心に増えているが、超低金利下で利ザヤのとりづらい環境が続いている。MUFGのリテールや法人など顧客4部門の業務純益は減少した。依然として国内は「預金はジャブジャブ、貸し出しは伸びない」(永易克典社長)環境が続く。

さらに株式市場の低迷で、多額の株式減損(株式等関連損)を計上した。MUFG1735億円、SMFG1328億円、みずほFG2275億円。それらをカバーしたのが国債売却益だ。MUFGは国債等債権関係損益で株式減損を上回る2752億円を計上しており、他行も事情は同じ。上期は国債売却益に依存した決算だったといえる。

「下期は株式の減損がなければ、国債売却益を出すことはない」(MUFGの永易社長)。ただ、銀行経営にとって、株価動向の影響をいかに軽減するかという課題が残る。最も株式減損の影響が大きかったみずほFGでは、2010年度から3カ年で政策保有株1兆円の削減を唱っており、今上期でも企業側から1500億円分の売却許諾を得た。

次ページみずほは保有株縮小へ委員会を設置
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT