3メガバンク”無風”の中間決算

誤算は株式減損のみ

三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)、みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)の3メガバンクは11月14日、そろって2012年度(2013年3月期)の9月中間決算を発表した。

3メガとも通期の業績見通しを堅持(SMFGは純益4800億円から5400億円に上方修正)しており、”無風”の決算だったといえる。「唯一の誤算は株式減損」(みずほFGの佐藤康博社長)。3メガとも株式市場の低迷で多額の株式減損を計上したが、それを国債売却益で埋めた格好だ。

利ザヤ取りづらい環境続く

各行とも貸出金残高は海外を中心に増えているが、超低金利下で利ザヤのとりづらい環境が続いている。MUFGのリテールや法人など顧客4部門の業務純益は減少した。依然として国内は「預金はジャブジャブ、貸し出しは伸びない」(永易克典社長)環境が続く。

さらに株式市場の低迷で、多額の株式減損(株式等関連損)を計上した。MUFG1735億円、SMFG1328億円、みずほFG2275億円。それらをカバーしたのが国債売却益だ。MUFGは国債等債権関係損益で株式減損を上回る2752億円を計上しており、他行も事情は同じ。上期は国債売却益に依存した決算だったといえる。

「下期は株式の減損がなければ、国債売却益を出すことはない」(MUFGの永易社長)。ただ、銀行経営にとって、株価動向の影響をいかに軽減するかという課題が残る。最も株式減損の影響が大きかったみずほFGでは、2010年度から3カ年で政策保有株1兆円の削減を唱っており、今上期でも企業側から1500億円分の売却許諾を得た。

次ページみずほは保有株縮小へ委員会を設置
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?