3メガバンク”無風”の中間決算

誤算は株式減損のみ

三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)、みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)の3メガバンクは11月14日、そろって2012年度(2013年3月期)の9月中間決算を発表した。

3メガとも通期の業績見通しを堅持(SMFGは純益4800億円から5400億円に上方修正)しており、”無風”の決算だったといえる。「唯一の誤算は株式減損」(みずほFGの佐藤康博社長)。3メガとも株式市場の低迷で多額の株式減損を計上したが、それを国債売却益で埋めた格好だ。

利ザヤ取りづらい環境続く

各行とも貸出金残高は海外を中心に増えているが、超低金利下で利ザヤのとりづらい環境が続いている。MUFGのリテールや法人など顧客4部門の業務純益は減少した。依然として国内は「預金はジャブジャブ、貸し出しは伸びない」(永易克典社長)環境が続く。

さらに株式市場の低迷で、多額の株式減損(株式等関連損)を計上した。MUFG1735億円、SMFG1328億円、みずほFG2275億円。それらをカバーしたのが国債売却益だ。MUFGは国債等債権関係損益で株式減損を上回る2752億円を計上しており、他行も事情は同じ。上期は国債売却益に依存した決算だったといえる。

「下期は株式の減損がなければ、国債売却益を出すことはない」(MUFGの永易社長)。ただ、銀行経営にとって、株価動向の影響をいかに軽減するかという課題が残る。最も株式減損の影響が大きかったみずほFGでは、2010年度から3カ年で政策保有株1兆円の削減を唱っており、今上期でも企業側から1500億円分の売却許諾を得た。

次ページみずほは保有株縮小へ委員会を設置
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。