3メガバンク”無風”の中間決算

誤算は株式減損のみ

これで7000億円の売却にメドが立ったが、「残りの売却を進めることは容易ではない」(佐藤社長)。そのため、佐藤社長と全副頭取が参加する委員会を設置し、個別会社に株式売却を交渉するための委員会を設置した。

下期(12年10月~13年3月)は、いずれも海外を中心に貸し出し増を見込む。与信費用については各行とも保守的に折り込んだうえで、通期ベースで前年並みのイメージ。国内の資金需要が盛り上がらない中、海外における基盤拡大が今後の伸びしろとなる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。