朗報!失ったペニスを64歳で取り戻した

米国初の移植手術が成功、ドナーにも弾み?

写真をクリックすると、動画サイト(英語)にジャンプします

米国で初めてペニスの移植手術に成功したのは、64歳の男性だった。今月に入り、ボストンのマサチューセッツ総合病院で手術が行われた。

この人はマサチューセッツ州ハリファックスに住むトーマス・マニングさん。2012年に陰茎がんでペニスを失っていた。ドナーから提供されたペニスをつける手術は、15時間に及んだ。

「自殺すら考える絶望」の軽減望む

執刀医の1人、カーティス・セトルロ医師は、「生殖機能に壊滅的な打撃を受け、自殺すら考えてしまう人々の絶望や痛み」が、今回使われた再生技術によって軽減されるよう希望する、と文書でコメントした。

マニング氏も文書で医師団への謝意を示した。さらに、今回の手術の成功によって「任務のために命を張って生殖機能に深刻な打撃を受けた人々」らが、ドナーから、もっとペニスの提供を受けやすくなるよう希望する、と述べた。

ペニスの移植としては2014年に南アフリカで、ずさんな割礼によって生殖器を失った、当時21歳の男性に対する手術が成功した例がある。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT