画期的!戦争で失った局部の再生が可能に

米国での移植手術はドナー待ち、軍人限定

写真をクリックすると動画(英語)にジャンプします

前線にいる兵士は、ひどい負傷を受ける可能性がある。手足を無くしたり、脳に取り返しのつかないダメージを被るほか、男性のシンボルを奪われる例だってある。米ジョンズ・ホプキンズ病院の医師団は、こうした元軍人に、米国で初のペニス移植手術を行う準備を進めている。

イラク戦争に海兵隊の衛生兵として従軍した経験のあるソー・ウォールド氏は、「恥ずかしがって(普段は)誰も話題にしたがらないが」と前置きした上で、負傷直後の兵士からは真っ先に「先生、あそこは無事ですか? 家に帰ったら妻と子づくりに励むんです」と尋ねられたものだと語る。

ジョンズ・ホプキンズ病院の医師団はこうした兵士に「大丈夫だ」と言ってやれそうだ。医師団は負傷した元軍人向けとして最大60件のペニス移植手術を想定しており、適合する提供者(ドナー)の出現を待っている。

医師団の1人であるリチャード・レディット整形外科医は、戦場で負傷した患者にはペニスだけではなく、その周辺の筋肉や神経などの組織もドナーから移植しなければならない可能性があると説明。年齢や肌の色が患者と同じなど、数々の条件を満たすドナーを探していると述べている。

また、同病院整形外科の臨床研究マネージャーであるカリッサ・クーニー氏によると、ペニスは死亡したドナーから移植する予定だ。

南アで「成功、妊娠」の前例

世界的に見ると、ペニス移植手術は2つの前例がある。2006年に中国で行われた1回目は失敗したが、2014年に南アフリカで実施された2回目は成功し、手術のすぐ後に患者はパートナーを妊娠させることができた。

ジョンズ・ホプキンズ病院の医師団によると、将来は先天性異常の治療や性転換も手術の目的になるかもしれないと語る。だが、現時点で対象となり得るのは負傷した軍人だけだ。海外で犠牲となった彼らに、将来への希望を与えるために。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。