崎陽軒や弁松のお弁当に感じる文化と郷愁

ぜいたくでなくても美味いものは美味い

崎陽軒の看板弁当の一つ「横濱チャーハン」

新橋の京味、日本橋の弁松、崎陽軒のシウマイ弁当……。お弁当は“食”のすべてがギュッと凝縮された小宇宙だ! 写真家×演出家による、「美しきものたち」を巡る、大人のエッセイ。

旅の御供といえば

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

私にその傾向が強いのかもしれないが、男という生物は、大して必要でもなければ、そう役に立つわけでもないのに、どうしても欲しくなって大枚をはたいて買ってしまう物がある。例えば私の場合、ミラノのモンテナポレオーネにあって、刃物、喫煙具などを中心に美しく高品質な男の雑貨を取り揃えていた店、G. LORENZIの旅行用のグルーミングキットがそれに当たる。

この上なく手触りの良い革ケースの中に歯ブラシ、剃刀に始まって、爪の手入れ用品、櫛、鏡、化粧品を小分けする小さなガラスのボトルから、金属製のチューブに入った裁縫道具、果ては革ケース付きのマッチまでが整然と収められている。美しい。見ているだけで楽しい。『さあ、旅に出よう!』という気にさせてくれる。

させてくれるのだが、生来の貧乏性でもったいなくて使えない……。しかも、重い。あまりに重すぎて庶民の旅には実用的でない。

だから私はこのグルーミングキットを時々取り出して眺めながら、“古き良き時代のジェントルマンたちの旅”に想いを馳せる空想の旅に出る。それだけでこのグルーミングキットを買ってよかったと思っている。

旅の御供といえば、まず思い浮かぶのは“お弁当”だ。お弁当で印象に残っているのは、トマス・ハリス作の『ハンニバル』のラストで、パリからツアー客に紛れてデトロイトに逃亡するレクター博士が、パリのフォションで誂えたランチボックスだ。

次ページランチボックスの中身は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。