AKB48のルーツは京都花街にアリ!?(上)

共通の「ビジネスシステム」とは

有効性と効率性

ビジネスの基本は、顧客が認める有効な差別化をどう作りだすのか、ということ。さらに有効なだけでなく、収益を生み出す効率性も必要です。有効性(顧客満足度)を高めようとすると経費や時間がかかります。そうすると収益率が下がり、ビジネスとしての効率性に問題が生じます。

つまり、有効性と効率性は両立のバランスが難しい、まさにトレードオフの関係にあるので、この2つをうまくバランスさせることが、ビジネスを継続させるための基礎要件ともいえます。

「会いに行けるアイドル」という新しいコンセプトで誕生したAKB48は、顧客満足度を高めるために、多人数で構成される「アイドルグループ・AKB48」というブランドのイメージを維持・向上していくことが求められます。この有効性に相当するところを、プロデューサーが顧客満足度を考慮し、現場に合わせて設計しています。

一方で、メンバー個々の立場になれば、現在のマネジメントとAKB48卒業後の将来の道を模索し、今からそれに備えた手を打っていくことも重要です。

そこでAKB48の活動を通じて育ったメンバーは、それぞれ芸能プロダクションに所属することで、個人の事情に応じてマネジメントがされています。

これにより、AKB48をプロデュースする側は個人のマネジメントを外部化し、顧客満足度を高めるためにAKB48そのもののマネジメントに経営資源を投入することができ、効率性を高めています。ですから、一定期間内に所属プロダクションを見つけることがメンバーには求められており、この外部化はルールにもなっています。

ここまで見てきたように、AKB48と京都花街は、有効性と効率性のバランスをとるための仕組みがまったく同じです。顧客満足度のマネジメントの責任者がプロジェクトチーム制を運用することによって顧客満足度を高め、一方で個々のメンバーのマネジメントを外部化しているのです。

著者の近刊『舞妓の言葉』では、京都花街の叡智が詰まった「一流の育て方」に関する珠玉の言葉を紹介している。

忘れてはならないのは、この仕組みの源流は京都花街の起源、すなわち350年以上さかのぼるものなのです。AKB48の華やかさだけに目を奪われていると、目に見えるものしか見えず、その背後にある大きなビジネスの枠組みを見落としてしまいます。

AKB48と京都花街、まったくつながりがないように見える両者の比較から、日本のエンターテインメントのビジネスシステムについて、驚くほど似ている骨格が浮かび上がりました。

似ているのは「ビジネスシステム」だけではありません。次回は、両者に共通の基礎教育の徹底と専用劇場について、「一流の育て方」という視点から考えていきます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。