シャープの失敗が映すニッポン電機の急所

【短期集中連載】冨山和彦氏に聞く(第1回)

パワーゲームに陥りやすいデジタルな世界、ITビジネスで勝つには、不連続なイノベーションを起こす力が必要だ。

日本の会社は、要素技術ではいいモノをもっているが、不連続なイノベーションを起こすにはあまりにも連続的な存在。終身雇用と年功制で30年以上の歴史を持っている日本企業にはイノベーションは難しい。

IBMやGEは「あきらめた」

米国でさえ、歴史が古い大企業になるとイノベーションを起こすことができなくなっていく。ゼロックスはパロアルト研究所ですばらしい要素技術を持っていたが、イノベーションを起こしたのはアップルだった。GEはウェルチの時代にイノベーションをあきらめた。コンピュータや半導体をやめて、残したのは白モノと重電だった。マイクロソフトからもイノベーションは出てきていない。

IBMやGEのようにあきらめるというのは正しい戦略。GEは、日本が手本にしていた総合電機メーカーだった。そのGEがいつのまにか業態を変えてしまった。不連続なイノベーションをあきらめ、単純なパワーゲームも捨てた。コンピュータや半導体をやめて、残したのが重電と白モノだった。熱力学でメカトロ、摺り合わせが多いビジネスしか残さなかった。日本の電機メーカーもその道を行くべきだ。その領域に強みを持っているのだから。テレビなんかやめちゃえばいい。

パワーゲームは量の勝負なので、一見多くの雇用を作ることができる。だからそれをやりたくなる。しかし、裏返して言えば、固定費としての人件費を大量に抱えているということ。これはとても危険だ。

次ページパワーゲームをやめられない理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT