アップルが生殺与奪の権握る

緊迫!シャープ 

電機各社への鋭い指摘で知られるトップアナリスト・片山氏にシャープの現状と今後を聞く。

ちょうど1年半前、シャープはアップルから二つの大きなビジネスを取れる見通しが立った。一つは9月に発売になったアイフォーン5向けの液晶。もう一つが今年3月から販売されている現行版アイパッド向けの液晶だ。当初は、両方ともシャープが納入シェア5割を占めると想定されていた。

アイフォーン5の世界販売台数は2億台といわれており、その半分で1億台、液晶メーカーに入る手取りが1台3000円として3000億円のビジネスになる。一方、現行アイパッドは1億台の半分で5000万台、手取り7000円で3500億円。シャープは計6500億円の売り上げを手にする前提で、亀山第1・第2工場の供給能力を作った。

ところが現実は、アイフォーン5で10%程度、アイパッドで15%程度しかシェアを取れていない。もくろみと6000億円もの差がある。限界利益では2000億円以上のギャップに相当する。

アイフォーン5に関してはあまり心配していない。問題はアイパッドです。液晶供給メーカーはシャープ、サムスン、LGの3社。このうち、シャープだけがIGZO(酸化物半導体)、ほか2社はアモルファス(非晶質)を使っている。消費電力でも解像度でもIGZOのほうが優れているが、シャープは先行2社に合わせる形でIGZOをデスペック(スペックを落とす)している。消費電力を増やすための対応をわざわざ施している。そんなことをやっているから、歩留まりもなかなか上がらなかった。

アップルは、来夏にはまた新しいアイパッド(いわゆるアイパッド4)を発売する。現行版は、サムスン「ギャラクシーTab(7・7インチ)」に比べて、ディスプレー部分だけで2倍近い厚みがある。もっと薄く軽くするために、アップルはIGZOを採用したいはず。キーデバイスになると判断した場合は、シャープ独占供給もありえる。ただ、現行アイパッドでの供給出遅れを見て、アップルが不安を感じていてもおかしくない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT