ガス事業展開へ頼りにされる日本の資金力

米国シェール革命と日本《5》

輸出量や価格によって最も大きな影響を受けるのが「メジャー」と呼ばれる国際石油資本。これまでメジャーは石油やガスの採掘・販売を通じ、驚くほど巨額の収益を上げてきた。そうした構造がシェール革命によって崩れる可能性がある。

すでに、メジャー以外で上流から下流まで押さえられるプレーヤーが出てきている。日本企業も含め、メジャーにとっての販売先だった会社がライバルにもなる。これはメジャーにとっては大きな脅威だ。将来的に自らの収益構造が取引先に知られ、価格交渉力が低下することを彼らは強く懸念している。この点が、今後どれだけ輸出が認められていくかの大きなポイントになりそうだ。

日本への輸出見込みは50%以上

――日本を含む非FTA締結国への輸出認可の見込みは。

断定的なことは言えないが、少なくとも50%以上はあるとみている。

仮に、非FTA締結国に対して認可が下りなくても、投資がムダになることはないだろう。ガスは日本国内だけに売らなければならないわけではなく、メキシコやカナダなどのFTA締結国に対して輸出することはできる。投資のリスクはそこでヘッジできる。

また、プロジェクトの商業化が進めば、市場への供給増加によって、国際的な天然ガス価格全体が下がり、日本はそこで恩恵を享受することもできる。

――日本企業による投資には他にどのようなリスクがありますか。

日本企業が投資しているプロジェクトが実際に商業化し始めるのは数年先であり、その時の天然ガスの国際的な市場動向が最大のポイントといえる。現在は市場価格が高く、日本企業は非常に高い輸入価格に苦しんでいる。しかし、もし数年先の市場価格が今よりも大幅に下がっていれば、「何もそんな大枚をはたいてまでシェールガスに投資する必要はなかった」ということになりかねない。

次ページリスクはあるが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT