「軍と人民が偉大な成功を収めた」金正恩氏

北朝鮮労働党大会、核実験・衛星打ち上げ称賛

 5月6日、北朝鮮・平壌で、第7回朝鮮労働党大会が開幕した。党の最高指導機関である党大会の開催は、故金日成主席時代の1980年以来36年ぶり。写真は労働党本部で撮影(2016年 ロイター/Damir Sagolj)

[平壌 6日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩第1書記は6日、36年ぶりに開かれた朝鮮労働党大会で演説、核実験や衛星打ち上げで「前例のない成果を上げた」と称賛した。

国営テレビが6日遅くに放送した画像では、金正恩氏はダークスーツに灰色のネクタイ姿で現れた。

金正恩氏は「第7回党大会開催の今年、初の水爆実験や、地球観測衛星『光明星4号』打ち上げで、軍と人民が偉大な成功を収めた」と演説した。

韓国の聯合ニュースによると、国営ラジオは「(党大会では)革命での最終勝利をもたらす、すばらしい青写真が明らかになる」と伝えた。

朝鮮中央通信(KCNA)は、鉱工業生産で目標の144%、発電は110%を達成したとして、「奇跡のような結果」と評価した。ただ、実際の目標については触れなかった。

中国外務省の洪磊報道官は記者会見で、北朝鮮が国家発展の重要段階にあるとの認識を表明した。

その上で、「北朝鮮が国際社会の声に耳を傾け、北東アジアの持続的な平和、安定をともに維持できるようになることも期待している」と述べた。

海外の北朝鮮専門家は、金第1書記が核開発と経済建設を同時に進める「並進路線」を正式に宣言し、権力基盤のさらなる強化を目指すとみている。

党大会取材のために招かれた外国メディアは、「4・25文化会館」内に入ることを許されなかった。石造りのこの建物は労働党の赤い旗で飾られており、ここで数日間にわたり党大会が開かれるとみられる。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT