ハウステンボスはディズニーのマネをしない

澤田秀雄HIS会長に聞く

とことん赤字のものは撤退すればいい。儲かっていない店舗は閉めればいい。で、儲かっている店舗はより強化すればいい。その細かいところの足し算が1つの企業。あまりにも多岐にわたるので、楽ではないですけど。

イベントも一緒。2000万円かけてイベントやって、1億円儲かれば成功。1000万円分しかお客さんが来なかったら、失敗。1つひとつのイベントにも経費があって、どれだけのお客さんが来たか、分析すればわかる。失敗したイベントはやめていくわけですね。施設もイベントもどんどん変わっていて、今でも変わっている。

ディズニーのやらないことをやっていく

――ここまでの復活に点数をつけると何点でしょうか。

57点。100点になることはないと思いますが、ディズニーでも100点はないと思う。70~80点にすれば成功ではないか。

ディズニーと競争しても勝てない。資金力があるし、イベントやアトラクションにかけるおカネも違う。だからディズニーのやらないことをやる。ディズニーがやっているなら、ウチはやらない。

「100万本のバラの街」(ハウステンボスの春のイベント、右写真)は、ディズニーにはないけど、ウチにはある。おカネはあまりかけられなくても、見渡す限りのバラが咲くから、感動するわけですね。

次ページ季節イベントに力
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。