オバマ大統領、トランプ氏ネタに辛辣ジョーク

最後の記者夕食会で

 4月30日、オバマ米大統領(中央)は、ホワイトハウス記者会が主催する恒例の夕食会に出席し、大統領選で候補指名を目指している共和党のドナルド・トランプ氏について辛辣(しんらつ)な皮肉を交えたジョークを飛ばした(2016年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 30日 ロイター] - オバマ米大統領は30日、ホワイトハウス記者会が主催する恒例の夕食会に出席し、大統領選で候補指名を目指している共和党のドナルド・トランプ氏について辛辣(しんらつ)な皮肉を交えたジョークを飛ばした。

大統領は「共和党自体、トランプ氏が候補指名の最有力人物であることを信じられずにいる。彼らは、ドナルド(トランプ氏)は外交政策面で経験に乏しいというが、彼は世界中の指導者と長年会談を重ねている。ミス・スウェーデン、ミス・アルゼンチン、ミス・アゼルバイジャン」と述べ、トランプ氏がかつて共同運営していたミス・ユニバースの出場者を挙げて笑いを誘った。

また、共和党内部からトランプ氏やテッド・クルーズ上院議員が指名を獲得することへの懸念が浮上していることにかけて、「夕食会の出席者はステーキと魚のどちらを選ぶかと質問されたが、多くがポール・ライアン(下院議長)と答えた。それはオプションにない。ステーキや魚はお好みでないかもしれないが、選択肢はどちらかだ」と冗談を述べた。

さらに、自らの任期を振り返りながら、米国は終末に向かっている可能性があるとのジョークも交えた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。