少年スポーツを「成果主義」で測る"異様"

「勝つか、辞めるか」を子に迫る大人たち

前出の池上さんは、1994年のW杯アメリカ大会でドイツ代表の選手が強制帰国させられたことに驚いたという。レギュラーだったその選手は試合中、罵声を浴びせた観客に対して中指を突き立てた。この行為によって、開催途中にかかわらず、エントリーから消されたのだ。

「ドイツという国はすごいと思いました。その選手を即座に退去させましたから。その選手がいないと困るとか、戦力ダウンなのにといった議論は、恐らくされていない。つまり、彼のやったことは明らかに間違ったことで、フェアプレーとは対岸の振る舞いをしてしまった。だから代表からは外すのは当然という感覚です。日本のスポーツ界も見習うべきでしょう」

ブラジルのサッカー選手が子どもにかける言葉

もうひとつ、池上さんから聞いたいい話。

ブラジルには貧困にあえぐ人たちの住むスラム街があるが、サッカーのプロ選手らはクラブの社会奉仕活動の一環としてサッカースクールを開く。子どもたちと汗を流した後、選手は子どもに声をかけたり、時にスピーチをする。

「今日は楽しかったね。ありがとうね。またやろうね」

ほぼ、このようなことしかいわない。

「みんなも練習を頑張れば、僕らみたいにプロになれるよ」

いかにも言いそうだが、そんなことは一切言わない。

「なぜなら、彼らはそんなこと思っていない。子どものうちはサッカーが楽しいと感じるだけでいい。自分もそうだったし、そこが本質だと理解しているのです」(池上さん)

ところで、冒頭の男性は試合後、女の子を呼び寄せた。

「7回ボールにさわったよ。コーチにそう言われたってママに報告してね」
「でも、3回しかさわってないよ」と女の子。
「大丈夫。その前の試合と合わせたら7回だから」

女の子はにっこり笑って、ボールを蹴りに走って行ったそうだ。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT