少年スポーツを「成果主義」で測る"異様"

「勝つか、辞めるか」を子に迫る大人たち

「男子は親御さんの意識を変えるのが大変。それに比べれば、女子のジュニアは楽しいサッカーが浸透し牧歌的でいいなと思っていたら、W杯で優勝したころから女子でも必死過ぎる親が増えてきた」という。男女とも地域のクラブでゆっくり育てれば面白そうな素材の子がいても、親が強豪クラブに入れてしまう。そこで試合に出られなくてやめてしまう。「男の子は腐ってグレることもある」そうだ。

スポーツの普及や選手の成長が、大人の成果主義に阻害されてはいないか。

これまでのべ60万人の子どもを指導してきた池上正さん(Jリーグ2部・京都パープルサンガF.C.普及部長)はこう語る。

「本来、スポーツ(SPORT)の語源は“遊び”。スポーツをする意味とは何なのか。日本の少年スポーツでは、そこが置き去りにされている気がする。勝敗や結果ばかりを重視する大人の弊害は小さくない」

ヒートアップする親を止められない指導者

『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(小学館)など計6冊の著書がある池上さんは、講演会の際「子どもが試合に出られないのですが、夫がやっても意味がないからサッカーなんてやめろと言う」と相談を受けたことがある。ほかにも「試合に出られないので、ほかのチームに移籍させたいのだが」と真顔で訴えてくる親がいるという。

ヒートアップする親たちを、本来なら矯正しなくてはならないのが指導者だろう。それなのに、指導者側が無意識のうちに勝利至上主義に陥ってはいないか。

筆者はある県の高体連が主催した「部活動での体罰を根絶するにはどうしたらよいか」という主旨のシンポジウムに招かれ、各高校の運動部顧問の先生たちに話をさせていただいたことがある。その際、都内にある女子サッカーのジュニアユース(中学生)で指導するコーチの話をした。

そのコーチは、選手が試合に遅刻したり、何か忘れ物をしたりと生活面で不備があったときは、レギュラーであっても当日の試合は先発から外す。罰やペナルティというよりも「日常生活がきちんとできないのに、チームの代表としてピッチには立てないでしょ?」という選手への無言の問いかけだ。そのようにして、サッカーでいう「オフ・ザ・ピッチ(ピッチ外)」での自律の重要性を選手にたたき込んでいく。

そのような勝利至上主義でない人格教育重視の必要性を訴えたつもりだったが、顧問の先生らは納得できないようだった。

「その選手を出さないことで、チームが負けたらどうするんですか?」「エースでも遅刻したら外すんですか?ほかの選手の勝ちたいという気持ちはどうなるのですか?」
「あり得ない。ほかの選手の不利益になりますよね?」

次ページ「人間教育」は不要か
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT