シャープは自重、次の急騰期待は「あの銘柄」 10月確定利益は300万円超

印刷
A
A
(撮影:尾形文繁)

このたび、「投資日記」を連載することになりました、個人投資家の内田衛です。どうぞよろしくお願いします。

東洋経済新報社の『オール投資』(1956~2012年10月、現在は休刊)を愛読していた方はご存じかと思いますが、07年8月から5年3カ月の間、同誌で「内田衛の日々是投資」を連載していました。私の毎日の取引はもちろん、株主総会に出席して考えたことなどを日記風につづったものですが、おかげさまでオールの読者の方々には好評を頂戴しました。本日から「東洋経済オンライン」にて復活しました(笑)ので、引き続きよろしくお願いします。ではさっそく始めましょう。

ユニマットで295万円の利益確定!

この連載の一覧はコチラ

【10月2日】全国で多機能型介護施設「そよ風」を運営しているユニマットそよ風(9707)を990円で1000株売り、1000円で3000株売った。買いは2011年8月から12月にかけて平均買値640円で8000株。

【10月3日】前場寄り付き辺りで、ユニマットそよ風の残りの4000株を平均1021.6円で売り、昨日と合わせて約295万円の利益確定。今年の3月には1015円という高値を付けたが、欲張ってしまい売りそびれてしまったので、今度こそという思いで売った。

【10月6日】高金利通貨の南アフリカランドが1ランド9円を割れてきたので、1ランド8.93円で100万ランド買う。FX取引は本当にチャンスと思った時しか売買しないのだが、振り返ってみたら、なんと今年初めてのFX取引だった。

次ページ南アランド取引の結果はいかに!?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT